開発者Q&Aストリーム(10/6): トピックスまとめ ニュース

Quake Champions Japan

先日の大型アップデートに合わせて開発者によるQ&A配信があったため、要点をまとめておきます。
ソース: https://www.twitch.tv/videos/180175909

ラグとパフォーマンスについての告知

  • パッチ後にラグやパフォーマンス低下問題が発生していた。これに対し、Hotfixをすでに二つ適用しており、大半が解消されたはずである。
  • 引き続きプレイして、フィードバックを送ってほしい。

Dreamhack Denverについて

  • 誰が勝つかなー、といった雑談。Clawzはいないね。

プロジェクタイルの判定システムについて

  • 今回パッチではロケットのみに対し変更を行い、パフォーマンスをモニタリングしている。
  • 他のプロジェクタイル、例えばDire Orb、Nailgun、Acid Spitなどは全て古い方式のままである。
  • ロケットのパフォーマンスがよければ、このシステムを他のプロジェクタイル全てに適用していく予定だ。

ネットコードについて

  • 今回のメインターゲットは前述のロケットについて。
  • これに加え比較的小さい変化だが送信データ量が最適化によりやや小さくなった。
  • カクつきや連戦後のパフォーマンス低下は、今回パッチのメモリー関連のアップデート、及びメモリーリーク修正により改善されたはずだ。引き続きフィードバックを送ってほしい。
  • 新しいプレイヤーのヒット判定モデル(静的メッシュモデル)は、11月の大型パッチでの導入を予定している。

バランス変更について

  • バランス変更は一度に行われず、それぞれについて一つずつ変更を適用し、変化を注視していく。
  • ヘルス/アーマーのコンテナシステムをやめた。評判は上々なので、このままの仕様となるのではないかと思う。
  • これに加え、ヘルスやアーマーのrespawn時間などについても様々なテストを内部で実施している。
  • オートウエポンスイッチは主に初心者のために追加されたので、この配信を見ているようなプレイヤーはメニューでオフにしてくれて構わない。
  • 初心者は武器変更に問題を抱えており、オートスイッチにより大幅な改善が予想される。
  • Anarkiは傾きアニメーションの緩和を行ったのに加え、パッチノート記載漏れの変更としてアビリティ使用後にスピードブーストが終了するまで砂時計を拾えなくなった。
  • BJはRocket LauncherやRailgunのDual Wieldが遅すぎたため、発射レートをあげた。ただし、これでもまだBJの性能が比較的弱いと考えられるため、追加の調整も検討していく。
  • Clutchはスタックサイズをややnerf前に近づけた。彼はロボットなので、ヘルスよりもアーマーが多いスタックになっている。マイニングドリルの移動ペナルティがなくなったので、ある程度積極的に使えるようになったのでは。
  • SorlagのAcid Spitのフリーズタイムが、Early Access前のものに戻った(1秒)。
  • 一定の距離でSorlagのAcid Spitの直撃判定が重複して行われる問題は把握しており、これはバグなので修正を予定している。

武器バランス調整について

  • Triboltは視認性をあげ、直撃時に即座に爆発するようになった。これにより近距離での利用が可能となった。
  • 今後の変更として、発射後にボルトが一定時間残るようになり、時間が経過するか敵がその近くに接近すると起爆するような仕様変更を検討している。地雷に近いイメージで、ゾーニングに利用できるようにする予定だ。
  • 初期NailgunはShotgunとMachine Gunに対して全く使われていなかったので、DPSを引き上げた。ClutchなどのBuffもあるので、それに対するカウンターとして検討して見てほしい。
  • Super Shotgunは拡散を絞ったため、中遠距離のダメージが上がったが、より正確にAimする必要がある。
  • パッチノートに漏れている変更として、Railgunは軌跡の描画がこれまではずれていたが、その修正が行われた。
  • Lightning Gunは極めて強力だが、変更の予定は今のところない。まずは他の武器のバランス調整や修正を一通り実施し、そのあとに変更を検討する。
  • Gauntletがかなり使われるようになったのは喜ばしいことだ。ただし、少し強すぎるきらいはあるので、特定のチャンピオンにおいてレンジの調整を行うかもしれない。
  • また、Gauntletは未だに、一度に複数ヒットの判定が行われるバグがあるため、この修正を行っていく。

今後のロードマップについて

  • 新規プレイヤーが参入し、より楽しめるように様々な変更を行っていきたい。
  • Sync Error作の新しいDuel Mapが追加予定。上下に広い構造のマップで、Vertical Vengeance (T4)や Furious Height (T7) などからインスピレーションを得たものだ。
  • このマップではピックアップ弾薬が存在せず、リストックするためには武器をもう一度ひろう必要がある。
  • 新しいチャンピオンがくるぞ!詳細は言えません。
  • ネットコード修正やバランス調整が進んでいったあとには、光源の設定とか、ブルームの調整を含め視認性の確保などにもより力を入れていく。

Q&A

  • 繰り返しになるが、現在の優先順位はネットコードとパフォーマンス、各種バランシングであり、その他の変更は優先度が低い。そのため、今回はコンテンツの追加などを延期している。
  • まずはゲームが快適に遊べ、高速に動作するようになってからその他のレイヤーの変更を適用していく。
  • 本リリースは2017年はありえない。2018年のどこかが本リリースとなるだろう。
  • Lockboxのアイテムレイアウト変更は今回のアップデートではなかったが、今後予定されている。
  • 壺からLore Scrollが出現するシステムの是非について議論があり、今後変更される可能性もある。
  • Ranked Playは年末までをターゲットとして開発中。
  • Raw Mouse Inputの担当はネットコードの開発とも兼任しているため、現在のところ進捗はない。
  • FPS制限、Zoom Sensitivityなどのオプション追加は今後追加予定。
  • Spectatorで、プレイヤー死亡後に一瞬でチャンピオン選択画面が表示される問題は修正予定。
  • シーズンネタのコスチュームなどは正式リリース後に実施予定。

Log in